透明容器やPETボトルなどの長期安定検出に!







●遮光率の低い透明体の検出のために光電スイッチの感度をかなり絞っている。
 そのため長期使用時の余裕度が確保できていない。

●光電スイッチの設定位置が、作業者の感覚に依存しており、
 調整にバラつきが出ている。


 食品容器やPETボトル・ビンといった、透明体の検出にお困りではないですか?
 実は高い検出能力と、長期使用の両立を実現したスゴイ光電スイッチがあるんです。

いち早く製品情報を知りたい方はボタンをクリック!





  検出能力と、長期安定検出の両方を実現。余裕度も従来より大きくとれます!

   ・経年劣化の少ないLEDを採用。10年で数%の光量低下しかありません。
   ・外乱を限りなく抑える特殊光学系等の開発により安定検出能力が向上しました。
   ・閾値はワークレスチューニングにより85%で一律に調整され、長期安定性を確保しました。









  ワークレスチューニングにより「短時間」で「簡単」に「一律の調整」が可能になりました!

   光の回り込み、光の透過など、検出物体があっても遮光状態にならない場合、
   最初に試していただく調整です。検出物体のない状態でチューニングします。







調整時間の削減、長期安定検出で生産効率向上に貢献いたします!





Copyrightc MEKASYS All rights reserved.